せどりのメリット
2019/4/27更新

一般的には、せどりというものがどのようにして行われているのかということを、知らない人も多いかもしれませんが、古本屋ではより一般的な流れとして、このような作業が存在しており、大手の古本屋などに行って価値がありそうな本を、安く買い取ってくるというようなことをしていることも多いようです。このようにして、後で高く売れそうな本をキープしておくことで、経営の助けとなるようなケースもあるというふうに聞いたことがあるような気がします、残念ながら、大手のチェーン店などの古本屋であればほとんど本部から届けられたマニュアルに従って動いている人が多いため、本一冊一冊の価値について考えていない人も多いという風に聞いたことがあるような気がします。そのようなため入って1日しか経っていないようなアルバイトの人でも、査定ができるようにマニュアル化していることが多いというわけです。このような状況では本の値段が適切に図られているというケースはあまりなく本来であればマニアの間で非常に高値で取引されているような本が特別に安く売られているというようなケースも一般的にあるようですから、しっかりと注意をしてみておくことが重要だという風に言えるのではないかと考えられます。しかし残念なことに古い本であればあるほど大手のチェーン店などでは買い取りを拒否される場合が多いため処分されている場合も多いなるという風にも聞いたことがあります。しかし、利用者の側からしてみれば小さな古本屋に買取を持ち込むことの方が不安を覚えることは多いため、このような大手のところに本が集まってしまうということは致し方のないことであるという風に言えるかもしれません。重要なのはこのような本をどのようにして自分自身の方に持ってくるのかということに尽きるのではないかと考えられます。

免責事項

更新記事

管理人

ぽんPON



学生時代から起業を目指して努力を続ける。

卒業後、とある大手企業に就職し、実務経験を積みつつ開業資金を貯める。

退職と同時に起業。ある程度経ったところで自伝を自費出版。

■お問い合わせ info@birdeyeviewtours.com

ページのトップへ戻る