せどりのコツ
2019/5/6更新

大手のチェーンの古本屋などであると、新品に近い状態でなければ買取をしないというケースも多いためどのような値打ちがある本なのかということまではあまり考えずに、振り分けている場合が多いという風に言われています。また、原則としてやけがついてしまったり本が大きく汚れてしまったりした場合にも、買取を断られたりする場合も多く、非常に新しい本であってもベストセラーとなってしまっているような、在庫が溢れる見込みが立つ本は買い取らないようにするなど、あくまでビジネスとして行なっているようです。他にも辞典などのかさばるものなども、ほとんど買い取りをしないようなケースもあるなど新品と同じくらいにきれいに見せることができる本でなければ、買い取ることができないのは大手チェーンのデメリットであるという風に言えるかもしれません。とりわけ、昔の時代の禅宗や刺繍などというような様々な方が集まりそうなものは、ほとんど数百円で売られていることなどをもあるわけですから、出版業を始める際にはまずはこのようなところから回ってみるのが良いという風に言えるかもしれません。そして、古い本を見つけて出版業を開くという風になれば特になるべくリサイクルショップなどに行ってみたりすることや、あまり地方の人の手が触れられていないリサイクルセンターなどを探して行ってみるのがおすすめだという風に言えるかもしれません。このような、あまり専門的な人の手が触れられていないリサイクルセンターなどは、亡くなった人の遺品などがそのままは流れついていることがあるため 非常に貴重なものが存在するケースが稀にあるというふうにも言われています。出版業を試みる人にとってみれば特に重要だという風に言えるのはこのような目利きの才能を高めるということだと言えるでしょう。

免責事項

更新記事

管理人

ぽんPON



学生時代から起業を目指して努力を続ける。

卒業後、とある大手企業に就職し、実務経験を積みつつ開業資金を貯める。

退職と同時に起業。ある程度経ったところで自伝を自費出版。

■お問い合わせ info@birdeyeviewtours.com

ページのトップへ戻る